<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 3歳! | main | 3月のネイル >>
悲嘆の門

本読書メモ---------------------------------------------------------------
悲嘆の門 宮部みゆき

インターネット上に溢れる情報の中で、法律に抵触するものや犯罪に結びつくものを監視し、調査するサイバー・パトロール会社「クマー」。大学一年生の三島孝太郎は、先輩の真岐に誘われ、五カ月前からアルバイトを始めたが、ある日、全国で起きる不可解な殺人事件の監視チームに入るよう命じられる。その矢先、同僚の大学生が行方不明になり…。“言葉”と“物語”の根源を問う、圧倒的大作長編 (「BOOK」データベースより)

すごかった!
久々に読んだ宮部みゆきさんの長編…
上中下巻の三部作なのに、早く読み終わった!
電車移動や病院での待ち時間があったにせよ、アタシ的に猛スピードで読んだという実感
フィクションとはいえ、圧倒される展開にドキドキしながら楽しめた作品
やっぱ、宮部みゆきさんてすごいわ〜kyu

| book | 09:59 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。