<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 膝関節症 | main | 蓄電池 >>
検事の本懐

読書メモ----------------------------------------------
検事の本懐 柚月裕子 著

ガレージや車が燃やされるなど17件続いた放火事件。険悪ムードが漂う捜査本部は、16件目の現場から走り去った人物に似た男を強引に別件逮捕する。取調を担当することになった新人検事の佐方貞人は「まだ事件は解決していない」と唯一被害者が出た13件目の放火の手口に不審を抱く(「樹を見る」)。権力と策略が交錯する司法を舞台に、追い込まれた人間たちの本性を描いた慟哭のミステリー、全5話。第15回大藪春彦賞受賞作。
「BOOK」データベースより
この本は、短編集だったけど
普通の短編集と違って、佐方貞人という主人公の
検事時代を綴ったモノで
↓に読んだ以前のことが書かれている!
少しずつ、彼の謎が解けていくようで
面白かった!

| book | 16:59 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。