<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 黄緑のネームプレート | main | あ〜、悲しい! >>
邪魔
爽香シリーズを読み終えて…
さて、次は何にしようかと物色してると
夫にこれは?と出された本、裏表紙のブックデータを見ると
なんか読んだような内容!
でも、読書メモには一切記されてない。。。

本の画像が6月1日にupされてるところを見ると
きっと、義母の入院で忙しい日々を送ってた頃だからかな〜とheight="16"
ということで、忘れないうちに(. .)φメモメモ

読書メモ------------------------------
邪魔(上) 奥田英朗

及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供2人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴1年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。

こちらが(上)

続いて(下)は…



九野薫、36歳。本庁勤務を経て、現在警部補として、所轄勤務。7年前に最愛の妻を事故でなくして以来、義母を心の支えとしている。不眠。同僚・花村の素行調査を担当し、逆恨みされる。放火事件では、経理課長・及川に疑念を抱く。わずかな契機で変貌していく人間たちを絶妙の筆致で描きあげる犯罪小説の白眉。

2002年版「このミステリーがすごい!」第2位
第4回大藪春彦賞受賞


最後の最後、ビックリした!えぇ〜〜っ うっそぉ〜height="16"
| book | 21:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。