<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Stay Home | main | 豚巻き野菜串焼き >>
望み

読書メモ---------------------------
「望み」 雫井 脩介 著
東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。 二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。 規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。 そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。 心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。 行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。 息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い――。 『火の粉』の不穏な空気感と『クローズド・ノート』の濃密な心理描写。 両方を兼ね備え、執筆時、著者が最も悩み苦しみ抜いた、渾身の力作。。

息子が加害者なのか、被害者なのか…
その結論まで、そんな長い話じゃないと思ってたけれど
家族の葛藤、どちらにしてももう今までのような生活は送れない
なんだかやるせない気持ちで読み進めると。。。
 

悲しい結末が…

アタシはどちらかというと父親側の思いで
息子の規士が加害者ではないと信じて読んでた

だからといって、被害者だというのもピンときていなくて
最終的には元気に戻ってくるモノだと…安易だよねheight="16"

でもやっぱり、子を持つ親の気持ちとしては
怪我をしていてもいいから、生きていて欲しかったな

泣けて泣けて、読み終わってからも頭が冴えて眠れなかった

 

| book | 16:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。